世界遺産『白川郷』に行きました

shirakawago002

白川郷 萩町城跡展望台より

いよいよゴールデンウイークも残すところあと1日となってしまいましたあせあせ (飛び散る汗)・・・
みなさんはどんなふうに過ごされましたか?私は大好きなバスツアーで、世界遺産である『白川郷』へ日帰りで行ってきましたウィンク
何度かこのブログでも書かせていただきましたが、私は関西に住んでいます。「え?関西から日帰りで白川郷に行けるの?」って思った方もいらっしゃるでしょう。何を隠そう、私もそう思っていたんです。だから私にとって、白川郷は遠い世界遺産だったんですよね。それが日帰りで行けるdouble exclamation

「いつ行くの?」「今でしょ!

『荘川桜』とひるがの高原水芭蕉、そして世界遺産『白川郷』へ

今回参加したツアーは、まず一路岐阜県郡上市のひるがの高原へ。そこから荘川桜を見て、今回のメインである世界遺産白川郷を訪れました。

ひるがの高原 水芭蕉

バスが最寄りの乗車地を出発したのは8:10。長い1日の始まりです。添乗員さんは前日(5月4日)にも同じコースに乗られていたそうで、何とバスが最初の降車地に着いたのは日付けが変わっていたそうです涙
やはり、恐るべしゴールデンウイーク。最初のその話を聞かされ、バスの中は暗~い雰囲気に・・・でも、ゴールデンウイークに参加するんだから、仕方ないですよね。私たちの目標は『今日中に帰ること』になりました(笑)。

hirugano001

ひるがの高原 水芭蕉

途中、何度か休憩をして、最初の目的地【ひるがの高原】に到着したのが14時過ぎ。お昼ご飯を外で食べる時間はないので、車中でお弁当を食べました。
今年は4月に入って寒い日が続いたので、周囲の山々にはまだまだ雪がしっかり残っています。例年はこの時期、雪はほとんど解けているそうなのですが、今年は雪解けが遅いため、雪解け水がまだほとんどないそう。

湿原地帯に3万本の水芭蕉が咲き乱れているはずが・・・ほとんど湿原になっていなくて、地面は乾いています。水芭蕉もちょっと悲しい感じだったけど、これも自然のもの。私たちの思うようにいかなくて当然。

ひるがの高原 | 公式ウェブサイト

伝説の荘川桜

ひるがの高原から車で15分ほど走ると、次の目的地である【荘川桜】に到着です。

sogawasakura001

伝説の荘川桜

荘川桜とは、御母衣ダムによってできた御母衣湖畔の展望台に立っている2本の巨桜のことで、樹齢450余年といわれているアズマヒガンザクラなんです。もともとは、ダムの建設により湖底に沈んでしまった中野地区の照蓮寺および光輪寺の境内にあったものなんです。でも、昔から村民に親しまれてきたこの桜を残したいということで、当時「不可能」だと言われていた世界に例を見ない大規模な移植工事が昭和35年に完了して、以来「奇跡の荘川桜」とか「伝説の荘川桜」と呼ばれているそうです。

関西に住んでいる私たちが知っている桜は「ソメイヨシノ」だと思うんですが、また違った種類の桜、しかも樹齢450余年という老木…
写真ではほとんど桜の花桜は見えないですが、私たちの感覚でいう『2・3分咲き』。でもこれが、この荘川桜の満開なんだそうです。支えられてはいますが、しっかりと根をはっている桜に感動しました。

今年は桜の開花が遅かったそうで、この時期に満開になるのは珍しいそう。今まで見たことのない桜の木を堪能して、何だかとっても爽やかな気持ちになりましたぴかぴか (新しい)

荘川桜 ~受け継がれていく人々の思い~

いざ白川郷へ

そしていよいよ、今回のツアーのメインである世界遺産【白川郷】へひらめき

shirakawago004

白川郷 萩町合掌造り集落

白川郷に着いたのは3時。少し予定より遅れていたため、白川郷での自由時間は80分となりました。初めての白川郷なので、めいっぱい散策しなきゃ!

白川郷の説明は割愛しますねあっかんべー
私はどうしても行きたい場所があったんです。そう、【白川郷】というと必ずといっていいくらい撮られている写真の場所。上から合掌造りの集落が見たかったんです。添乗員さんからもらった散策用の地図を見たらありました!『展望台』です。ここに違いないexclamation

ん?でも「徒歩約40分」って書いてあるし・・・そんなの行けないじゃないたらーっ (汗)でも、ちゃ~んと「シャトルバス」がありました。何はともあれ、念願の展望台へ!シャトルバスは片道200円、所要時間約10分で展望台へ到着します。
そしてそして・・・目の前に広がる白川郷の風景。

やっぱり来てよかったハートたち (複数ハート)

>shirakawago005

白川郷 萩町合掌造り集落

展望台にはカメラマンさんが2人いて、持参したカメラや携帯のシャッターを押してくれます。そして、「買ってもらえるとうれしいけど、でも無理強いはしません」と言って、カメラマンさんのカメラでも1枚撮られます。最初は私も「自分のカメラだけきれいに撮ってもらえたらいい」と思い、写真をお願いしたのですが。。。よくあるパターンです。できあがったプロの写真見たら、やっぱり全然違う!思わず「せっかくの記念だから」と自分に言い訳して、1枚買いました(笑)。1枚1300円なり~がま口財布
帰りももちろんシャトルバスに乗って、集落まで戻ってきました。時間は4時。集合時間まであと20分!集落の中をちょっとウロウロして、おみやげを買って、最後に「飛騨牛コロッケ」買って、バスに乗り込みました。かなり時間が足りない感があるけど、日帰りツアーだもん、仕方なし!

白川郷 | 観光協会ホームページ

そして、4時20分バスは予定通り私たちの地元に向けて出発したのでしたバス
途中、事故渋滞に巻き込まれしまったので、予定より遅れて降車地に着いたのは11時過ぎ。でも、そこから自宅まで徒歩5分なので、やっぱり地元発着のバスツアーはうれしい~!

こうして、私の楽しかった1日バスツアーは終了したのですが、次は冬の白川郷に行こうと決めました。で、合掌造りの民宿に泊まって、展望台から夜の雪景色の白川郷を見たいdouble exclamation

明日からまたいつもの毎日が始まるけど、でもとてもステキな1日が過ごせたので、しばらくはがんばれるかな?でもいつまでだろう(笑)・・・??

カテゴリー:
旅行記 > 国内
国内旅行 > 観光・着地型ツアー