初詣 伊勢神宮に行ってきました

ise001

宇治橋(内宮への入口)

みなさん、初詣はどこかに行かれましたか?
私はあまり初詣に出かけるということはないのですが、今年は日帰りバスツアーで伊勢神宮に行ってきました。

ということで、今回は伊勢神宮を紹介したいと思います。

伊勢神宮とは

伊勢神宮は三重県伊勢市にある神社で、日本人の心のふるさととも言われているんですよね。「お伊勢さん」とか「大神宮さま」と親しみを込めて呼ばれることが多いんですが、正式名称は地名の付かない『神宮』(じんぐう)なんだそうです。へぇ~、知らなかった・・・

伊勢神宮は「内宮」(ないくう)と「外宮」(げくう)を中心として、その他125社の宮社の総称なんですよ。なので、とにかく広い!
しかも内宮と外宮は離れているので、観光で訪れる場合、内宮のみ参拝する人が多いのですが、最初に外宮を参拝してから内宮に参拝するのが正しいとされているようです。

2013年は式年遷宮

今年、2013年、伊勢神宮では『式年遷宮』が行われるんです。これって、聞いたことありますか?
遷宮(せんぐう)』とは、神社の正殿を造営・修理する時や正殿を新たに建てた場合に、御神体を遷すことを意味します。式年(しきねん)というのは『定められた年』を表し、伊勢神宮では20年に一度行われます。

第1回の式年遷宮が行われたのは、なんと690年(持統天皇4年)exclamation 1300年以上続いている、永遠性を実現する大いなる営みなのです。あまりの壮大な歴史に心底ビックリしてしまいましたあせあせ (飛び散る汗)

まず、内宮へ

ise002

内宮 宇治橋鳥居

先に説明したように、一般に言われている正式なお参りの順序は「外宮」から。しか~し、今回はバスツアー。内宮、外宮の混み具合等々の諸事情から、内宮からのお参りとなりました。

内宮の正式名称は『皇大神宮(こうたいじんぐう)』といい、皇室のご祖神である天照大御神(あまてらすおおみかみ)をおまつりする、日本で最も尊いお宮なのです。

内宮の参道に入ってすぐ、右手のゆるやかな斜面を下りていくと、石畳を敷き詰めた五十鈴川岸の御手洗場があります。五十鈴川は神聖な川、清浄な川として知られいて、本来は手水舎ではなく、この「御手洗場」で、口と手を清めてから参宮するんだそうです。

ise003

内宮 正宮への参道

内宮は五十鈴川の川上に鎮座しています。正宮に続く参道は深い森に囲まれていて、歩いていると自然に背筋がピンっと伸びて気持ちが新たになるっていうか、何となく清々しい気持ちになってくるんですよね。う~ん、私も歳をとってきたってことなのかも・・・たらーっ (汗)

お参りの作法は「二拝二礼一拝」です。もちろん、正しい作法でお参りをするのがいいんだけど、でも、気持ちがこもっていなければ何にもならないですよね。心を込めてお参りするのは一番だと私は思います。

そして、外宮へ

ise006

外宮 表参道火除橋

本来の順序とは逆になりましたが、内宮へのお参りのあと、外宮を訪ねました。外宮の正式名称は『豊受大御神(とようけおおみかみ)』といい、衣食住をはじめあらゆる産業の守り神なのです。
建物やお祭りはほとんど内宮と同じですが、屋根の千木や鰹木など細かい部分に違いがあるらしい・・・。全く気づかずにお参りしてました冷や汗 (顔)

内宮とほとんど同じといっても、両宮は決して並列されるものではなく、あくまでも内宮が神宮の中心なのだそうです。

外宮へは、表参道火除橋(おもてさんどうひよけばし)が入口となります。そういえば、内宮への入口である宇治橋は「右側通行」でしたが、火除橋は「左側通行」でした。何か理由があるのかなぁ~。添乗員からもこの説明はなかったです。

ise008

外宮 正宮前

火除橋を渡るとすぐ左側に手水舎があり、ここで参拝前に心身を清めます。手水(てみず)の作法は、左手・右手の順で手を清め、左手に水をすくって口をすすぎ、最後に左手を洗い流しましょう。この一連の動きを柄杓一杯の水で完了するようにするのが、正式だそうです。口をすすぐ時、柄杓から直接水をふくまないよう、くれぐれも気をつけてくださいね。

外宮の正宮は、皇大神宮(内宮)ご鎮座より遅れること481年、天照坐皇大御神のお告げがあり、豊受大御神を丹波の国(今の京都府下、天橋立付近)から伊勢にお迎えしておまつりしているんだそうです。

ise009

外宮 勾玉池とせんぐう館

内宮と比べると、かなりこぢんまりとした雰囲気の外宮ですが、「勾玉池」(まがたまいけ)と呼ばれる大きな池があって、静かな水面を見ていると何となく心穏やかになれる気がしました指でOK
また、平成24年には第62回式年遷宮を記念して、勾玉池のほとりに「せんぐう館」が開館していて、式年遷宮について詳しく説明されています。せんぐう館は別途入場料が必要になります。

というふうに、無事に内宮と外宮の両方をお参りして、私の初詣は終わりました。お参りに行くという気持ちからか、参道を歩いていると周りの空気感が違って思えました。10日前くらいに急に思いついて申込んだバスツアーだけど、思い切って行ってよかったと思えた1日でしたほっとした顔

今回はマジメな伊勢神宮レポートだったので、次回はバスツアーのことや、内宮からすぐのところにあるおかげ横丁のことなどを『番外編』としてお話したいと思いま~す。

伊勢神宮
http://www.isejingu.or.jp/

カテゴリー:
国内旅行 > お祭り・イベント
エンターテイメント > カルチャー
旅行記 > 国内
How-to > 現地情報・お国事情