屋久島、こんな過ごし方もあるよ 《sankara hotel&spa 屋久島》

sankara001

Photo by sankara hotel&spa 屋久島

屋久島と聞くと何を想像しますか?
世界遺産》や《自然》・・・一番ポピュラーなのは、《縄文杉》とか《登山》なんじゃないかな。私も屋久島については、ずっとそんなイメージを持ってました。でも、先日友人から話を聞いて、そのイメージがちょっと変わったんですよ。今日はイメージを変えてくれた、そのホテルを紹介したいと思います。

楽園のオーベルジュ サンカラ SANKARA HOTEL&SPA 屋久島

今回ご紹介するのは、屋久島の東南、山を背に海が臨める緑深き高台という贅沢な場所にある、オーベルジュ型リゾートホテル【サンカラsankara hotel&spa 屋久島(http://www.sankarahotel-spa.com/)です。
大自然に恵まれた屋久島では、もちろん自然に直接触れる登山もいいけれど、屋久島は「何もしない」という贅沢が許される場所でもあるんです。サンカラとは「おいしい料理」と「上質なスパ」で極上の時間が過ごせる高級リゾートなのです。

屋久島まで行って何もしない、なんて究極の贅沢じゃないですか?

大自然の中で味わう美味

sankara003

Photo by sankara hotel&spa 屋久島

オーベルジュとは宿泊可能な滞在型レストランのこと。オーベルジュの顔であるレストランでは、厳選された地元・九州産の食材を使って、サンカラでしか味わえない上質のひと皿が提供されています。東京で磨かれたシェフの知恵と技が、屋久島の自然の恵みとあわさって生み出す、新しい独自の美味が心ゆくまで堪能できちゃいますうまい! (顔)
レストランはカジュアルに利用できる「ayana(アヤナ)」と、本格的なフレンチが味わえる「okas(オーカス)」の2店舗あるので、気分や予算に応じてそれぞれの料理が楽しめちゃいますレストラン

隠れ家のような静かなたたずまい

sankara004

Photo by sankara hotel&spa 屋久島

サンカラが建つ高台は、亜熱帯雨林と亜高山気候の交差するエリア。そこは、緑の香りと爽やかな風を感じることができる絶好のロケーション。そんな自然とマッチするように、客室は大人にふさわしい洗練と重厚感を大切にしながら、心和むナチュラルなムードを醸し出しています。
客室はヴィラタイプを中心に全部で4タイプ、29室あって、インテリアはウッドを基調にしたアジアンモダンで統一されています。
もちろん、アメニティも充実exclamation

バスアメニティは人工香料や着色料を一切使用していない、タイの『THANN』、フェイスケアは屋久島の自然をテーマにした、『サンカラ オリジナルコスメ』が用意されています。

タイの高級スパが日本に上陸

sankara005

Photo by sankara hotel&spa 屋久島

年間約20万人が来店する、タイで人気の高級スパ「アジアハーブアソシエイション」がサンカラに出店しているんです。「アジアハーブアソシエイション」では、タイの伝承医学に基づいて考案したハーブ温熱トリートメントを提供しています。フェイシャルやボディだけでなく、フットメニューもあり、どれを受けるか決められないくらい豊富なトリートメントメニューが用意されていますぴかぴか (新しい)
トリートメントルームには、優しいハーブの香りが立ちこめていて、心身ともにリラックスできる空間となっています。

カップルで利用できるツインルームもあるので、男性も安心して施術を受けることができるんです。母娘や友人、ご夫婦で一緒にリラックスするのもぜいたくな過ごし方ですよねほっとした顔

サンカラまでのアクセス

■ 東京から
羽田空港 >>(約1時間55分)>> 鹿児島空港 >>(約35分)>> 屋久島空港

■ 大阪から
伊丹空港 >>(約1時間35分)>> 屋久島空港

※屋久島空港からサンカラまでは車で約30分。事前に連絡すれば、利用便にあわせて無料送迎もしてくれます。

どうです?めちゃくちゃ贅沢な時間の過ごし方ができるリゾートでしょ?
今まで「屋久島に行く時はトレッキングの準備をきちんとして」ということしかイメージになかったんだけど、「おしゃれして気軽に屋久島へ」っていう新しい過ごし方もあるんですよね。
いろいろな物に囲まれて忙しく過ごす日常から解き放たれて、屋久島という自然の宝庫で『何もしないという究極の贅沢』を体感する。そんな時間が過ごせるホテルの紹介でした。
う~ん、私も行ってみたいひらめき

サンカラ | sankara hotel&spa 屋久島
http://www.sankarahotel-spa.com/

カテゴリー:
エンターテイメント > グルメ・レストラン
エンターテイメント > スパ・エステ
国内旅行 > ホテル・旅館
How-to > 現地情報・お国事情