海外へ行く前に知っておきたい海外でのタブー (1)

 

気をつけよう、海外でのタブー集

国や宗教が違えば、それぞれの常識も違ってくるよね。海外旅行先でトラブルになったり、変な誤解を受けたりしないように、海外での『タブー』を紹介するね。現地の常識を理解するって本当に大切だよひらめき
というわけで、今回は海外でのタブー紹介の前編です。

■ タイで子どもの頭をなでてはいけない

熱心な仏教国のタイ子どもの頭をなでることはタブーなんだ。これはタイで根強く信じられているアニミズム(精霊信仰)というのがあって、その中で【ピー信仰】というのがあるのね。「ピー」とは、精霊・妖怪・お化けのようなモノとして捉えられていて、このピー精霊は子供の頭上に宿って、無事に成長して大人になるように見守ってくれていると信じられているんだ。それで、ピー精霊は「人の穢れ」を嫌うとされていて、子供の頭のてっぺんに大人が直接触れると、ピー精霊は、そこに居られなくなって、その子供から離れてしまうとされているんだよね。だからタイでは子どもの頭をなでたりしたら、親に怒鳴りちらされたりすることもあるから気をつけて。

■ シンガポールでゴミやたばこのポイ捨ては罰金

世界中でも『美しい都市』として有名なシンガポール。その美観を保つために、いろいろな法律が定められているんだ。その中でもゴミやたばこに関するポイ捨てに関する規定はとても厳しい。違反すると旅行者といえども罰金が課されるので、くれぐれも注意して。

■ ハワイでビーチでの飲酒は禁止

ハワイで特に気をつけないといけないのは喫煙と飲酒。日本と同じ感覚でいると、逮捕されてしまう場合もあるんだ。特に飲酒には注意して。
泥酔状態で街を歩いていると、無条件で逮捕され拘留されてしまうんだ。拘留されると24時間は出ることはできないから、お酒を飲んだ時はタクシーを呼んでホテルまで戻るようにしよう。また、歩きながらやビーチでの飲酒は禁止されているので、警官に見つかったらすぐに逮捕されちゃうよ。

■ イギリスで裏ピースは厳禁

日本では写真と撮る時によくするピースポーズ。裏ピースもよくするポーズだよね。これがイギリスでは中指を立てるポーズと同じ意味合いになってしまうんだ。とても失礼な行動になっちゃうから、これは厳禁だよ。

 

国によって何が常識かわからないでしょ?きっと外国の人から見たら、私たち日本人の常識で理解しがたいこともあるんだろうね。
海外旅行の時には『郷に入っては郷に従え』の気持ちを忘れないようにほっとした顔

カテゴリー:
How-to > 旅行先でのマナー
海外旅行