茂山狂言 HANAGATA

みなさんは『狂言』ってどんなイメージを持ってますか?エンタメ系が大好きハートたち (複数ハート)な私も狂言は未知の世界・・・小学校か中学校の学校行事で見たような記憶がなきにしもあらずあせあせ (飛び散る汗)
ほとんどの人が「つまんない」とか「わからない」「難しい」な〜んてイメージを持ってらっしゃると思います。もちろん、私もその中のひとり。でも、「どんなもんなんだろう」って気持ちを抑えきれずに、先日狂言鑑賞に行ってきました!

狂言初心者の私が今回行った公演は【茂山狂言 HANAGATA】です。
まずは【HANAGATA 狂言会】の説明から・・・狂言の世界を説明すると何だかややこしくなっちゃうので、簡単に(笑)。この会は『狂言の新たな可能性を模索する狂言会』、わかりやすい狂言を目的として、新作狂言の制作・上演など多岐にわたる活動をしてる会で、茂山正邦・宗彦・茂・逸平・童司という若手5人が主催してるんです。今回は私でもわかるんじゃないかな〜と思い、いざ劇場へdouble exclamation

今回の演目は全部で4つ。ひとつめが約30分、休憩15分はさんで、後はだいたい20分くらいの演目が3つ続きました。

見終わった感想は・・・めちゃくちゃ面白かったぁ  るんるん (音符)

ところどころ狂言本来の所作や言葉まわしがあったけど、ほとんどのセリフも通常の会話調だし、内容もとってもわかりやすいし、何度も大きな声で大笑いしました指でOK

パンフレットに「コント?芝居?え!狂言・・・!?」とある通り、「これが狂言??」というのが正直な感想。もしかしたら、『狂言』という観点で見たら、賛否両論のある舞台なのかも・・・
でも、私はおもしろかったら何でもいいんじゃないの?と思っているので、とても楽しい舞台を見せてくれたHANAGATAの5人に心から拍手&感謝でしたぴかぴか (新しい)ウィンク

終演後は汗だくのまま5人がお見送りしてくれて、またまた感動ひらめき。5人全員としっかり握手をして、楽しかった気持ちを伝えて、ウキウキした気持ちで帰路につきました。ほ〜んと楽しい時間を過ごせました。また、機会があったらHANAGATA狂言にぜひぜひ行ってみたいです。そして、いつか古典狂言も見てみたいとも思いました。そういう意味でも新しい世界を見せてもらえた貴重な一日でした!

大きな声で笑うってほんと、いいですね手 (チョキ)

HANAGATA 狂言会
http://www.soja.gr.jp/performance/#performanceStar

タグ:
カテゴリー:
エンターテイメント > カルチャー