イルカと遊べる不思議の島、ジープ島

Photo by ジープ島公式ホームページ

みなさんはジープ島(JEEP ISLAND)って聞いたことありますか?実は今、知る人ぞ知る究極のパラダイスとして人気の島なんです。今回はそのジープ島を紹介します。

ジープ島について

目を閉じて、頭の中に『大きな海の中に浮かぶ小さな無人島』を想い浮かべてみてください。おそらく、そのイメージとジープ島は限りなく近いはず。
そう、ジープ島は「ミクロネシア連邦チューク州」の中にある島で、何と驚くことなかれ、直径35メートル、周囲111メートルという小さな小さな島なのですひらめき

ジープ島は不思議の島

これだけ小さな島なので、高い建物なんてもちろんゼロ!天空は360度広がっていて、昼夜を問わず大自然のパノラマを体感することができるんです。水中ではイルカと泳いだり、熱帯魚たちと遊んだり、サンゴの林を歩いたり。そんな映画の中のようなことができるんです。

ここは誰もが自然に戻れる島なのです。

ジープ島への行き方

日本からジープ島へはどうやって行くのか?
もちろん直行便なんてありません。こんな小さな島に飛行機は無理ですからね。

日本からは飛行機でグアム経由チューク(ウエノ島)に飛んで、そこから車と船でジープ島に行きます。

日本各地
 ↓
グアム
 ↓(コンチネンタル航空で約1時間30分)
チューク州ウエノ島(旧モエン島)
 ↓(車で約30分)
ブルーラグーンリゾート)
 ↓(船で約40分)
ジープ島

ジープ島事情

こんなに小さな島だけど、ちゃんと宿泊もできます。宿泊できるのは8名(最大12名)、基本的に相部屋となり、宿泊は日本人のお客様に限定されています。
食事は基本的に日本食で、滞在中「コーヒー」と「ソフトドリンク(炭酸)」は飲み放題です。
島内で使用される水は雨水なので、不安のある人はミネラルウォーターを持って行く必要があります。

ジープ島で楽しめること

ジープ島は360度、周囲をグルリと海に囲まれているので、海で遊べることがいっぱい。海の中では熱帯魚やカメ、エイを見ることができ、イルカと出会えることも!
また、夜に浅瀬を歩くと、足元で夜光虫や海蛍が蛍光グリーンの光を放ちます。
もちろん、スノーケリング体験ダイビングもできます。

空の様々な景色もジープ島の魅力のひとつです。朝日や夕日はもちろん、美しい虹もよく見られます。また、雲も必見!水面が穏やかな時には鏡の役割を果たし、天地がわからなくなるくらいくっきりと水面に雲が映るんです。

夜になると、月や星の美しさは声も出ないくらい。明かりのないジープ島では、夜にだって自然の恵みが実感できるのです。

Photo by ジープ島公式ホームページ

いかがですか?

もちろん、ラグジュアリーなリゾートホテルでのんびり過ごすのもいいけど、たまには文明から離れて自然に戻ってみるのもいいんじゃないかな。
宿泊用にコテージがあるんですが、ハンモックで眠る人が多いんだとか。せっかくだからそれもアリかも。
普段の生活では星や月の光が力強いって感じないですよね。ジープ島では、月明かりで目が覚めたりすることがあるんですよ。

自然の中で解き放たれて、本来の自分を取り戻す。そんな時間も必要かもしれないですね。

ジープ島公式ホームページ
http://www.jeepisland.info/

カテゴリー:
エンターテイメント > アクティビティ
How-to > 現地情報・お国事情