ベルギー ブルージュの楽しみ方

ベルギー ブルージュ

ブルージュ マルクト広場

”北のベニス””屋根のない美術館”と称されるベルギー北部の街ブルージュ。街中に張り巡らされた運河、中世の面影を色濃く残す美しい街並みは、街全体がブルージュ歴史地区としてユネスコの世界遺産に登録されています。ベルギー人の友人がいることもあってベルギーを何度か訪れていますが、中でもブルージュは私が大好きな街の一つハートたち (複数ハート)そこで今回はブルージュを楽しむための方法をご紹介します。

ブルージュに来たならまずはコレ!遊覧ボートで巡る運河クルーズ

ブルージュ

遊覧ボートに乗って運河を巡りながらブルージュの街並みを楽しむことができます。数か所に乗船所がありますが同料金で時間は約30分、観光シーズンには行列が絶えない大人気のクルーズですdouble exclamation
私は過去にベニス、アムステルダムでも運河巡りを体験したことがありますが、個人的にはブルージュが一番好きです。

ブルージュ

船長さんが時折ユーモアを交えながら複数言語を使い分け、解説を行ってくれます。残念ながら日本語はありません。

運河から眺める街並みの至る所が絵になり、カメラカメラが手放せませんでした。橋の上から運河を眺める人たちと手を振りあったり、橋の下を頭スレスレで通過したりとボートならではの体験ができますよ指でOK

蹄の音が何とも心地よい!観光馬車

ブルージュ 観光馬車

当時4歳だった子供のリクエストで乗った観光馬車です。石畳の上を走る馬の蹄の音と馬車の揺れがとても心地よく、目と耳で楽しみながらの約35分(途中馬の休憩含む)はあっという間でしたわーい (嬉しい顔)

馬車に乗るには街の中心マルクト広場で客待ちをしている御者さんに声をかけてください。馬車がいなくてもマルクト広場が発着場所なので、しばらく待っていれば戻ってきます。料金に多少の変動があるようですので事前に確認して乗りましょう。

気ままな街歩き

ブルージュ

中央の鐘楼は街のランドマーク

ブルージュ歴史地区は徒歩で主要な観光スポットが見て回れます。マルクト広場の鐘楼366段の階段を上って街を一望したり、美しくディスプレイされたブルージュ名物レース製品チョコレートなどのショーウィンドウを眺めながらのショッピング、歩き疲れたらロマンティックな愛の湖公園でベンチに腰掛け一休み、マルクト広場のカフェでカラフルな切り妻屋根のギルドハウスを眺め、街に響き渡る美しいカリヨンチャペルの音に耳を傾けながらのティータイム喫茶店

小さな街に様々な魅力がギュッと恐縮されたブルージュは、ぜひともゆっくり時間をとって楽しんでほしいもの。あ~double exclamation記事を書いていたら、またブルージュに行きたくなってきましたダッシュ (走り出すさま)

カテゴリー:
旅行記 > 海外
How-to > 現地情報・お国事情