見ごろを迎えた京都の紅葉を訪ねて

京都 清水寺

清水寺にて(2012/11/18撮影)

京都を訪ねるなら春と秋double exclamation世界に誇る古都京都が紅葉もみじの見ごろを迎え、ベストシーズンの京都を楽しもうと観光客が押し寄せています。私もその中の一人。11月18日、季節の移ろいを感じつつ、東山地区を中心に散策してきました。

音羽山 清水寺

清水寺

清水寺にて(2012/11/18撮影)

東山地区に来たならば、やはりココぴかぴか (新しい)京都の町も一望できるベストスポットです。 混雑を避けようと朝の9時半頃に行ったものの、既に上の写真のような混雑ぶりでしたあせあせ (飛び散る汗)早朝6時より拝観できますので、観光の際は早起きして一番目に訪問すると良いかと思います。
写真を撮るなら奥の院の辺りから舞台を望むアングルがおすすめです。

 所で、「清水の舞台から飛び降りる気持ちで○○する」とありますが、この飛び降りは自殺ではなく「清水の観音さまに一心に祈って飛ぶと、命も助かり願いも叶う」という迷信による願掛けだったそうです。(清水よだん堂より)昔の人は本当に信心深かったのですねほっとした顔

清水寺公式ホームページ

鷲峰山 高台寺

高台寺

高台寺 庭園にて(2012/11/18撮影)

豊臣秀吉夫人の北政所(ねね)が開創した寺。霊屋(おたまや)には北政所の亡骸が埋葬されています。
国の史跡・名勝に指定されている見事な庭園と美しい紅葉もみじは、ぜひ時間をとってゆっくり散策してください。
現在、高台寺では東山花灯路2013 狐のお嫁さん参加者募集中です。興味のある女性は応募してみてはいかがでしょうか?

高台寺公式ホームページ

上記2つも含め、この時期は多くの寺で夜の特別拝観が行われています。ライトアップされた紅葉は昼間とは一味違う幻想的な美しさですので、ぜひこの機会をお見逃しなくdouble exclamation
なお、紅葉シーズンの京都の道路は大渋滞、駐車場も大変混雑しますので、京都市内の移動は公共交通機関の利用がベストです。

タグ:
カテゴリー:
旅行記 > 国内
How-to > 現地情報・お国事情
国内旅行 > 観光・着地型ツアー