親子で楽しむハワイドライブ ウミガメに会いに行こう!

ラニアケア・ビーチのウミガメ

ラニアケア・ビーチのウミガメ

老若男女に大人気の定番リゾート地ハワイ晴れ最初の子連れ海外旅行先がハワイだったファミリーも多いのではないでしょうか?我が家も子供が2歳の時の子連れ海外デビューがハワイでした。ホノルル滞在の場合、子供が小さい頃はホテルのプールや近くのビーチ、ワイキキ中心部で過ごすことが多いと思いますが、大きくなってきたらドライブ車 (RV)で遠出もいいですよ。そこで、オアフ島をドライブされる方におすすめしたいのが、野生のウミガメが日光浴にやって来るラニアケア・ビーチです。

このラニアケア・ビーチ、オアフ島北部ノース・ショアエリアにあり、ガイドブックでも紹介されていることが多いのですが、ホテルのコンシェルジュにも「きっと子供さんが喜びますよ黒ハート」とおすすめしてもらったビーチです。道は簡単ですが、ドライブマップだけで不安のある方はレンタカーを借りる際に日本語ナビゲーションをオプションで頼んでおくと安心です。ビーチのそばに写真のような駐車スペースがあります。

ウミガメがビーチで日光浴

我が家が行った時は、1匹のウミガメが砂浜で寝ており、そばには名前、推定年齢・体重などが記載されたカードが掲示してありました。写真のように赤いひもで区切られているので、それより中には入らないようにしてください。保護ガイドがいるので質問などもできますし、日本語のパンフレットも置いています。

岩場では海藻をむしゃむしゃと食べているウミガメもわーい (嬉しい顔)波間には4,5匹がプカプカと波に揺られていました。海水浴もできますので、ウミガメと一緒に泳ぐことも夢ではありませんexclamation

子供への学習の場としても

所で、ウミガメがなぜ日光浴をしているかご存知ですか?実はウミガメは砂浜にあがり甲羅干しをすることで、甲羅についた寄生虫を駆除したり、体の働きを活発にしているのです。

私の子供はここでウミガメを観察し、日本に帰国後、図書館で生態を調べ、夏休みの自由研究として発表しました。夏休みの宿題に頭を悩ませているお父さん、お母さんdouble exclamation楽しい家族旅行を大切な学習の場としても大いに活用してください。

この日のドライブルート

参考までに、この日のドライブルートを記載しておきます。ホテルのコンシェルジュにおすすめしてもらったルートです。

宿泊地 → クアロアビーチパーク → クアロア・ランチ → カフク(昼食) → ラニアケア・ビーチ → ハレイワ → ドールプランテーション

次回は、ドライブの途中に立ち寄ったおすすめグルメについてご紹介します。

タグ:
カテゴリー:
海外旅行 > ホテル・リゾート
旅行記 > 海外
How-to > 現地情報・お国事情