関空 LCC専用ターミナル開業

Photo by 共同

LCC専用ターミナルがオープン

以前、このブログでも紹介したんだけど、今日(2012年10月28日)関西空港でLCC(格安航空会社)の専用ターミナルとなる「第二ターミナルビル」がオープンしたんだ。国内では、LCC向けに新しく建設された専用のターミナルは初めてなんだって。

LCC専用のターミナルってことで、もちろんあちこちに節約が施されてて、今までみんなが見慣れてきた空港ターミナルとはちょっと様子が違うみたい。内装も天井の鉄骨がむき出しになってるなど、できるだけ簡素になってて、コストも最小限に抑えられてるんだ。
空港内建物から機体に乗り込む時も、今までのような搭乗橋はなくて、乗客は地上を歩いて移動しないといけないんだよね。

あいにく、オープンの今日は朝から雨模様雨

『地上を歩く=傘をささないといけない』わかってるようで、こんな基本的なことがわかってなかったんだとニュースを見ながら思ったよ。これからはこれも心得ごとだね。
これも知らなかったことなんだけど、通常、出発時にはけん引車を使って機体を後退させるんだって。でも、LCCにはこのけん引車を使わずに自力で機体の向きを変えられるよう、駐機位置が工夫されてるらしい。このことで、1便あたり数万円のコストが節約できるらしいよ。

第二ターミナルビルの詳しいことは、以前の記事に書いてあるから読んでみて。
関西国際空港にLCC専用ターミナル オープン

【LCC専用ターミナル】っていっても、当面は関空を拠点としているピーチ・アビエーション専用のターミナルとして稼働していくんだ。いよいよ日本も本格的なLCCの時代に突入するのか?

カテゴリー:
国内旅行 > 航空券・飛行機
海外旅行 > 航空券・飛行機