海外旅行「それってホント?」 ~飛行機編~

前回はホテルにまつわるウワサ話を紹介したんだけど、今回は飛行機に関する話をするね。

(1) 新婚旅行でも席が離れ離れになる

残念ながらこれはホント爆弾
ほとんどの飛行機会社で事前にシート指定がでるようになってきたけど、団体旅行などの場合は不可というケースも多いみたいだよ。
当日、空港のツアー窓口で書類をもらい、いざカウンターへ行ってみたら「お席は離ればなれになってしまいます。」。これは悲しすぎるよね。パッケージツアーの場合だったら、追加料金を払って隣席を確約してもらうサービスがあるから、それを利用するのも一つ。同じツアーでもエア&ホテルのみのパッケージの場合は、航空券の予約番号がわかったら、自分で航空会社のサイト等で手続きできる場合もあるんじゃないかな。航空会社や予約したチケットによって条件が異なる場合が多いから、あとはご自身でご確認を。

(2) 「お見合いシート」がある

これもホントの話なんだな~。ただ、本当にお見合いをするためのシートじゃなくて、緊急脱出口の脇にある座席、そう、CAと向かい合わせの席のことを言うんだ。
ただしこのシートの乗客は、いざという時はCAをアシストして他の乗客を誘導する義務があるから、英語の理解力が必須条件となるよ。これは事前に必ず確認されるけど、自信のない人は絶対にミエをはったりしないように。
CAの人たちと話せる機会が多いだけじゃなくて、前にシートがないから足も伸ばせて解放感もバツグン。もちろん、人気のあるシートなんだけど、万が一の時にはとても大切な席だということをお忘れなく。

(3) ソフトケースは大切に扱ってもらえる

これもまことしやかに言われてることだよね。結構、聞いたことのある人、多いんじゃないかな。でも、「ソフトケース」って一体どこまでのスーツケースなんだ?って感じもなきにしもあらず・・・だって、カーボネイトみたいな柔らかくて軽くて、それに耐久性まで優れているといった素材が増えたからねぇ。一度に大量のスーツケースを扱う空港で、「これはハード」「これはソフト」なんていちいち区別していること自体、ちょっと無理があるんじゃないのかな・・・
おそらく、取扱いに差はないというのが本当のところなんじゃない?丁寧に扱ってほしいのは誰でもそうなんだけど、どうしてもという人はチェックインの際それを伝えて、「fragile 」(取扱い注意)のタグをつけてもらうことくらいしか対応策はないと思うよがく〜 (落胆した顔)

以上が飛行機編の話でした。
いずれにしても、チェックインの際、自分の希望はできるだけ伝えてみることをお勧めします。だって叶うか叶わないかは言ってみないとわからないことだから。

カテゴリー:
How-to > 現地情報・お国事情
海外旅行 > 航空券・飛行機